イベントを読み込み中

SCHEDULE

スケジュール

  • このイベントは終了しました。
07/25

灰野敬二 × ジョー・タリア × 波多野敦子『銀夜』

ACT : 灰野敬二 (guitar,vo,etc)、ジョー・タリア(drums)、波多野敦子(cello)
OPEN/START
19:30/20:00
LINE UP
灰野敬二 (guitar,vo,etc)、ジョー・タリア(drums)、波多野敦子(cello)
TICKET
前売 4,000円
当日 4,500円
Peatix

灰野敬二 I Keiji Haino


1952年5月3日千葉県生まれ。アントナン・アルトーに触発され演劇を志すが、ザ・ドアーズに遭遇し音楽に転向。ブラインド・レモン・ジェファーソンをはじめとする初期ブルースのほか、ヨーロッパ中世音楽から内外の歌謡曲まで幅広い音楽を検証し吸収。1970年、エドガー・アラン・ポーの詩から名を取ったグループ「ロスト・アラーフ」にヴォーカリストとして加入。また、ソロで自宅録音による音源制作を開始、ギター、パーカッションを独習する。1978年にロックバンド「不失者」を結成。1983年から87年にかけて療養のため活動休止。1988年に復帰して以来、ソロのほか不失者、滲有無、哀秘謡、Vajra、サンヘドリン、静寂、なぞらない、The Hardy Rocksなどのグループ、experimental mixture名義でのDJ、他ジャンルとのコラボレーションなど多様な形態で国際的に活動を展開。ギター、パーカッション、ハーディ・ガーディ、各種管弦楽器、各地の民間楽器、DJ機器などの性能を独自の演奏技術で極限まで引き出しパフォーマンスを行なう。200点を超える音源を発表し、確認されただけでも1,800回以上のライブ・パフォーマンスを行なっている。

ジョー・タリア I Joe Talia

オーストラリア出身のドラマー、作曲家、プロデューサー
オーストラリアのメルボルンで生まれたジョー・タリアは、パーカッション、テープ、エレクトロニクスを駆使した即興演奏家、作曲家である。Revoxテープマシンやアナログシンセサイザーを楽器やフィールドレコーディングと組み合わせて使用し、エレクトロニクス作品では、滑るようなトーン、スキッターするパーカッション、ざわめくロケーションのアトモスフェリックなど、きらびやかで詳細な音世界を辛抱強く構築しています。ライブでは、テープやエフェクトを使って、自分や他人の演奏を加工し、不気味なエコーの連鎖やスペクトルのような音の汚れに歪ませることもある。

パーカッショニストとしてのタリアは、ジャズとフリー・インプロヴィゼーションの伝統から生まれた名ドラマーであり、移り変わるアクセント、繊細な名人芸、目立たない拡張テクニックという独自の個人言語を開発し、ジャズ、ロック、ニューミュージック、即興の文脈に等しく溶け込ませています。電子音楽作品と同様に、彼のドラムも長大な構造、ダイナミックな展開、グループの相互作用に鋭い関心を示している。東京の活気ある即興音楽シーンの重要なメンバーであり、演奏家として国際的に活躍しているタリアは、オーレン・アンバーチ、石橋英子、ジム・オルーク、ジェイムス・ラッシュフォード、山本達久と定期的に演奏・録音している。これらの定期的なコラボレーションに加え、灰野敬二、クリス・エイブラハムズ、秋山徹次、坂田明、ジョン・ダンカン、リチャード・ピニャスなどとのプロジェクトにも携わっている。彼の作品は、Black Truffle、Bocian、Kye、Touchといった国際的なレーベルから出版されている。

波多野敦子 I Atsuko Hatano

マルチ・ストリング・プレイヤー。主に5弦ヴィオラを用いてエフェクティブな音とアコースティックを融合させた演奏でソロや即興ライブを行っている。2018年に独自の手法で弦楽オーケストラを形成する作品「Cells#2」、2021年には続編となる「Cells#5」を国内とアメリカImportant Recordよりリリース。2022年1月ドイツAlien Transistorより音楽家ヒラノミドリとのコラボレーションアルバム「Water Ladder」を、2023年1月にはイタリアSuperpangよりGiovanni Di Domenicoとのコラボレーションアルバム「Rinka」をリリース。その他、折坂悠太の近年作品、KID FRESINO「20,Stop it.」、石橋英子「Drive My Car」など多くの作品で弦楽を担当。増田セバスチャンの近年の展覧会「Seventh Nightmare」他では音楽を担当。弦楽プロジェクトTRIOLAの新作を2023年秋にイギリスConractiveよりリリース予定。

https://linktr.ee/atsukohatano.

<新型 コロナウイルス等感染症予防および拡散防止対策について>
  • 発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。
  • 手洗い、うがいの励行をお願いいたします。
  • お客様入場口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。

©2022 にじのほし株式会社