イベントを読み込み中

SCHEDULE

スケジュール

  • このイベントは終了しました。
09/15

AYANE SHINO ∩mm Presents acous⇔TECH #expisode0

ACT : AYANE SHINO ∩mm、MUTSUMI KOBAYASHI、Mak!garc!a(マキガルシア)
OPEN/START
19:00/19:30
LINE UP
AYANE SHINO ∩mm、MUTSUMI KOBAYASHI、Mak!garc!a(マキガルシア)
TICKET
前売 3,500円
当日 4,000円
別途DRINK 700円

STREAMING 2,000円
Livemine

AYANE SHINO, MUTSUMI KOBAYASHI, Mak!garc!a が送る、クラシックギター、パーカッ ション、切り絵インスタレーションを融合させたライブインプロビゼーション。今回が #episode0 となる本ライブでは、オリジナル曲からレイ・ハラカミのカバー、ASA-CHANG &巡礼の“花”のカバーなど、新しい解釈によるアートイベントになります。

 

AYANE SHINO


東京藝術大学大学院博士課程修了。博士号 取得。安宅賞・アカンサス音楽賞を受賞し 音楽環境創造科を首席で卒業。ギター、ピ アノともに数々のコンクールでの入賞、国 内外の交響楽団との共演を重ねる。近年で は、映画・TVCM の楽曲演奏、LA のラジ オ番組のパーソナリティや海外公演等幅 広い活動を行っている。2021 年には、ス イスのレーベルからエレクトロニック・サ ウンドをギターで表現したカバーアルバ
ム「”SAKURA” The timbre of guitars ♯1」が世界発売。現在、国立音楽大学非常勤講師、 東京藝術大学音響研究室教育研究助手。

HP

Graduated from the doctoral program at the Graduate School of Music, Tokyo University of the Arts with a Ph.D. Obtained a doctoral degree. Received the Ataka Prize and the Acanthus Music Award, graduating at the top of the Department of Musical Creativity and the Environment. Achieved awards in various guitar and piano competitions and collaborated with symphony orchestras both nationally and internationally.

In recent times, engaged in a wide range of activities including performing music for movies and TV commercials, hosting a radio program in LA, and participating in overseas performances. In 2021, released a globally distributed cover album titled ‘Sakura: The Timbre of Guitars #1,’ exploring electronic sounds on the guitar, under a Swiss label. Currently, holding positions as a parttime lecturer at the Kunitachi College of Music and as an educational research assistant at the Sound Research Laboratory of Tokyo University of the Arts.

HP

 

MUTSUMI KOBAYASHI /打楽器奏者


MUUPY
の愛称で親しまれる打楽器奏者。 「民謡クルセイダーズ」のメンバーとし てこれまでコロンビア、US、ヨーロッパ、 オー ストラリア、ニュージーランドなど世界各地をツアーし演奏している。(2022 年 夏にはヨーロッパ 11 カ国 20 公演、2023 年夏 にはヨーロッパ 9 カ国 15 公演を行う。) ソロプロジェクトとしてはクンビアバン ド「Mumbia Y Sus Candelosos」を結成 し 、ヒップホップやアフロビート、昭和歌 謡などが入り交じる豊かな土壌に根を張 った「東京オリジナルのクンビア」でフロアを熱狂させる。2022 11 月にはピアニカ前田とコ ラボレーションした 7 インチシングル「おすべらかし/Belon Belon」をリリース。2023 2 月にはフルアルバム(LP)Pianica Maeda & Mumbia Y Sus Candelosos Meets Dub Master X 」をリリース。 2022 12 月には東京からトロピカルミュージックを発信する レーベル OKRA JIRUSHI より 3 作目の 7 インチシングル「Onomatopeya / Marimba de ChonTokio」をリリース。また現在コロンビアをはじめ南米のアーティストと積極的にコラ ボレーション作品を展開している。

Known to fans as MUUPY, this percussionist has been globetrotting as part of the “Minyo Crusaders,” hitting stages from Colombia to the US, across Europe, and down under in Australia and New Zealand. (They rocked 20 gigs across 11 European countries in the summer of 2022 and are set to do 15 more in 9 countries in 2023.)

On the solo front, MUUPY has set the dance floors on fire with her Cumbia band “Mumbia Y Sus Candelosos,” blending Tokyo’s unique take on Cumbia with everything from hiphop and Afrobeat to oldschool Japanese Showaera tunes. She dropped a 7inch single “Osuberakashi/Belon Belon” in collaboration with Pianica Maeda in November 2022, and unleashed a fulllength album “Pianica Maeda & Mumbia Y Sus Candelosos Meets Dub Master X” in February 2023.

And that’s not all—December 2022 saw the release of her third 7inch, “Onomatopeya / Marimba de ChonTokio,” via Tokyo’s own tropical music label OKRA JIRUSHI. MUUPY’s also been busy cooking up collabs with artists from Colombia and other spots in South America.

 

 

Mak!garc!a(マキガルシア) /切り絵作家/アートプロデューサー

神奈川生まれ、東京在住。HB、metro999、LOVE
ME TENDER といった多種多様なバンドでド ラマー、時にはシンガーとして活動。のちに 三児の母となる。バンド活動休止のタイミン グで、切り絵の表現に魅了され切り絵制作を始める。2021 年池の上のバーFABRE で個展を開催。切り絵作家としてデビュー。2022 年中目黒 CHILITA にて個展を開催。2023 年目黒カ ラビンカ、三軒茶屋アサヒヤで個展を開催。
Ahh! Folly Jet、Mumbia Y Sus Candelosos と いったアーティストのミュージックビデオを 切り絵を駆使し制作。そして遂に単なる画像 や動画の枠に収まらず、オーバーヘッドプロジェクターを用いて切り絵を立体的に空間投 影しはじめる。誰の記憶にもある、どこか懐かしいが実はどこにも存在しないオリジナル なサイケデリックを探求している。

instagram

 

Born in Kanagawa but now calling Tokyo home, she’s rocked the drum set for a diverse

range of bands like HB, metro999, and LOVE ME TENDER, even stepping up to the mic

as a singer now and then. Fast forward to motherhood with three kids in tow, she hits

pause on her music career and falls head over heels for the art of paper cutting. She

makes her artistic debut with a solo exhibit at FABRE Bar in Ikenoue in 2021, followed

by another show at CHILITA in Nakameguro in 2022. By 2023, she’s holding court at

exhibitions in Meguro’s Caravinka and Sangenjaya’s Asahiya. Not one to be pigeonholed,

she’s also flexed her artistic muscle crafting papercut music videos for artists like Ahh!

Folly Jet and Mumbia Y Sus Candelosos. Pushing the envelope, she starts using

overhead projectors to take her paper art off the canvas and into 3D space. She’s on a

neverending quest for a unique brand of psychedelia—a nostalgia trip to a place that

exists in no one’s memory but feels like home to all.

Check her out at instagram.com/makin.the.cut/

 

<新型 コロナウイルス等感染症予防および拡散防止対策について>
  • 発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。
  • 手洗い、うがいの励行をお願いいたします。
  • お客様入場口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。

©2022 にじのほし株式会社