イベントを読み込み中

SCHEDULE

スケジュール

  • このイベントは終了しました。
11/03

勝井祐二 with マリアナ・バラフ ジャパンツアー

ACT : 勝井祐二、マリアナ・バラフ
OPEN/START
19:30/20:00
LINE UP
勝井祐二、マリアナ・バラフ
TICKET
前売 4,500円
当日 5,000円
2日間通し券 7,500円

別途DRINK 700円
Peatix
ジャンルを超越した即興演奏でエレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける第一人者 勝井祐二。フォルクローレの境界を広げる独創的なアプローチと、確かなルーツ・パフォーマンスでアルゼンチンを代表する音楽家 マリアナ・バラフ。2022年スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドで出会い、とあるハプニングをきっかけに美しく共鳴した2人が待望のジャパンツアー!

勝井祐二 (日本)

音楽家/ヴァイオリニスト。ROVO . BONDAGE FRUIT. DRAMATICS . 勝井祐二 × U-zhaan . などのバンドやユニットと、ソロや様々な音楽家との即興演奏で、エレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける第一人者。

1991-1992 JAPAN – UK Festival」の中心展示「VISIONS OF JAPAN(Victoria and Albert Museum)のサウンド・ディレクターを務め、渡英。帰国後、日本最初期のレイヴ・パーティー「WATER」をオーガナイズする。

96年、山本精一と「ROVO」結成。バンド編成のダンスミュージックで、9000年代以降のオルタナティブ~野外フェスティバルのシーンを牽引した。

02年に初来日したファナ・モリーナ、フェルナンド・カブサッキとの共演を機にアルゼンチンの新しい音楽シーンと交流を深める。

09年には、サイケデリック・ロック・バンド「GONG」の結成40周年を記念したアルバム「2032」に、スティーブ・ヒレッジと共に参加。以後「SYSTEM 7」のアルバムにも参加するなどの交流を続け、2013年「ROVO and SYSTEM 7」名義のアルバム「Phoenix Rising LP」を世界発売。20132014年にかけて、アジア~ヨーロッパツアーを行う。

2018年度のキネマ旬報文化映画第1位、文化庁文化記録映画優秀賞など、数々の賞を受賞した傑作ドキュメンタリー映画『沖縄スパイ戦史』の音楽を担当。

2019 放送文化基金賞テレビドラマ部門の最優秀賞を受賞したNHKスペシャルのドラマ「詐欺の子」の音楽を担当。

2020 ROVO初のセルフタイトルアルバム「ROVO」発表。

HP https://katsuiyuji.exblog.jp

TW @katsuiyuji  https://twitter.com/katsuiyuji

FB @yuji.katsui  https://www.facebook.com/yuji.katsui/

IG @katsuiyuji https://www.instagram.com/katsuiyuji/

MOVIE

https://www.youtube.com/watch?v=VT64M9kf7N8

https://youtu.be/63feQ_DfbNE

 

 

マリアナ・バラフ (アルゼンチン)


ブエノスアイレス出身、北部サルタ州在住。

歌手でありパーカッショニスト、チャランゴ奏者。北部サルタ・フフイ地方で主に女性が歌う山唄コプラを紡ぐ1人でもある。プロデュースや作曲家としても活躍し、その活動は多岐にわたる。

現代音楽やワールドサウンドを取り入れて、フォルクローレの境界を広げる独創的なアプローチと、確かなルーツ・パフォーマンスで「未来を担うアーティストのひとり」として高く評価されている。

これまでにソロ名義で9枚のアルバムをリリース。20195月には、グラミー賞を複数受賞するプロデューサーのラリー・クラインがディレクションした楽曲「El clavel del aire」がアルバム「BEYOND MIUSIC vol.1 – Same Sky」に選出され、南フランスのLa Fabrique Studiosで録音。米国のiTunesチャート「ワールドミュージック」カテゴリーで1位、全世界でトップ10入りを果たした

– 2005 フォルクローレ伝承者としてクラリン賞受賞

– 2011/2016 ガルデル賞・最優秀女性フォルクローレ・アルバム賞受賞

– 2017 ラテン・グラミー賞ノミネート

– 2017 ガルデル賞受賞 最優秀児童音楽アルバム賞受賞

多才なキャリアを活かし、アルゼンチンはもちろんのことフランス、アメリカ、イスラエル、ブラジル、コロンビア、セネガル等、各国において世界的に有名な音楽フェスやプロジェクトに参加している。

来日は今回で5度目。2010年の初来日ツアー以降、各地でのライブや、里アンナ、イルマ・オスノとの共作「MAI」のリリース、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドにおける音楽指導、里アンナ、マユンキキとのパフォーマンス製作、そして勝井祐二とのセッションなど、単なる演奏にとどまらない交流を重ねている。

HP http://www.marianabaraj.com/

TW @MarianaBaraj https://twitter.com/marianabaraj

FB @MarianaBarajOficial https://www.facebook.com/MarianaBarajOficial

IG @mariana.baraj https://www.instagram.com/mariana.baraj/

MOVIE
JAPAN 2022:
https://youtu.be/angJVLHDUtg  

JAPAN 2013: https://youtu.be/qk6G_Ub3z34 

<新型 コロナウイルス等感染症予防および拡散防止対策について>
  • 発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。
  • 手洗い、うがいの励行をお願いいたします。
  • お客様入場口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。

©2022 にじのほし株式会社