イベントを読み込み中

SCHEDULE

スケジュール

07/06
SAT

カール・ストーンと赤い日ル女

ACT : カール・ストーン/Carl Stone(ラップトップ/Laptop)、赤い日ル女/Akaihirume(声/Voice)
OPEN/START
19:00/19:30
LINE UP
カール・ストーン/Carl Stone(ラップトップ/Laptop)、赤い日ル女/Akaihirume(声/Voice)
TICKET
前売 3,500円
当日 4,000円
別途DRINK 700円
Peatix

カール・ストーン(Carl Stone)

カール・ストーンは現在のコンピュータミュージックの先駆者の一人であり、ヴィレッジボイス誌で「サンプリングの王者」「現在のアメリカで最も優れた作曲家の一人」と賞賛される。彼は1986年からライブパフォーマンスでコンピューターを使用している。
米国ロサンゼルスで生まれ、現在はロサンゼルスと日本を拠点に活動している。カリフォルニア芸術大学で、モートン・サボトニック、ジェームズ・テニーに師事し、1972年から電子アコースティック音楽の作曲を始めて以来、この分野は殆ど彼の独壇場と言える。その作品は、米国、カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南米、北東アフリカなどで演奏されている。また、日本の中京大学工学部メディア工学科の教授を22年にわたり務めあげ、現在は演奏、作曲、ツアーを勢力的におこない、世界中で活躍している

Carl Stone is one of the pioneers of live computer music, and has been hailed by the Village Voice as “the king of sampling.” and “one of the best composers living in (the USA) today.” He has used computers in live performance since 1986.
He was born in Los Angeles and now divides his time between Los Angeles and Japan. He studied composition at the California Institute of the Arts with Morton Subotnick and James Tenney and has composed electro-acoustic music almost exclusively since 1972. His works have been performed in the U.S., Canada, Europe, Asia, Australia, South America and the Near East. He served on the faculty of the Department of Media Engineering at Chukyo University in Japan for 22 years, and now devotes his time fully to performance, composition and touring.

赤い日ル女(Akaihirume)

歌手。自作曲の演奏のほか、多様な発声による即興表現や声そのものを素材に、単独での演奏や様々な分野の表現者と共作、共演活動をしている。

Akaihirume is a Japanese singer whose ear is always tuned to the world’s sounds, which she keeps as material in her shell. As both her own compositions and improvisations using her wide range of vocalizations, she has worked on her solo performances and collaborations with artists in various formats.

<新型 コロナウイルス等感染症予防および拡散防止対策について>
  • 発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。
  • 手洗い、うがいの励行をお願いいたします。
  • お客様入場口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。

©2022 にじのほし株式会社