イベントを読み込み中

SCHEDULE

スケジュール

  • このイベントは終了しました。
09/22

MIMINOIMI – Ambient / Week – DAY5 “抽象と具体”【LIVE】

ACT : Akhira Sano,H.Takahashi,FourColor,Nick Luscombe(DJ)
OPEN/START
19:30/19:30
LINE UP
Akhira Sano,H.Takahashi,FourColor,Nick Luscombe(DJ)
TICKET
前売 ¥4,000+1ドリンク
当日 ¥4,500+1ドリンク
チケットは Peatix からご予約ください。

<LIVE>
Akhira Sano
H.Takahashi
FourColor

<DJ>
Nick Luscombe(MSCTY Studio)

 

「抽象と具体」と題されたMIMINOIMI 5日目は、FourColor、H.Takahashi、Akhira Sanoの3名のアーティストと、DJのNick Luscombe(MSCTY Studio)を迎え行われます。

FourColorはMinamoのメンバーでもある杉本佳一のソロプロジェクトであり、1999年のファーストアルバム以降、ドローン、エレクトロニカなどを通過しつつ独自なアンビエントの世界を切り開いてきたアーティストです。H.Takahashiは2010年代以降、iPhone等によるシンプルな制作方法で、ミニマルで美しい音の世界を確立し、世界中を「静かな」熱狂に巻き込んできたアーティストです。更に、Akhira Sanoは録音作品、ドローイングやインスタレーションなどの領域を自由に横断するマルチメディアアーティストで、特に2020年代以降、静謐なサウンドデザインで大きな注目を集めているアーティストです。

勿論、3名のアーティストの実践や方法論を簡単にまとめることはできませんが、彼らはアンビエントが切り崩してきた、通常の音楽が持っているメロディーと伴奏の関係性(これらを具象、抽象と位置づけることもできるのではないでしょうか)に対比される、音の前景(図)・後景(地)、意識的な聴取・無意識的な聴取という興味深いテーマをユニークな形で問い続けているようにも見受けられます。なお、この日はDJとしてBBC等で活動を行う一方、様々なサウンドスケープのプロジェクトを行うNick Luscombe(MSCTY Studio)がDJを行います。

この日のプログラムを通し、来場する皆さんの中で、新しい音の世界が切り開かれる事を主催者は願っています。

 

Akhira Sano

アーティスト。形や音の持つ不完全性、不規則性などに焦点を当てた生成・観察・記録、それらの二次的拡張を、ドローイング、グラフィック、インスタレーション、ビデオグラフィ、楽曲制作などを主に用いて表現・制作している。 主な作品に『Penetrating, For Filtration』(Important Records、2019)、『Particle Dialogue – Observation and Recording』(The Trilogy Tapes、2022)、『Shadow’s Praise -』(IIKKI、2023)、『Phase Contrast From Recollection』(12K、2023)、主な個展に『可能性のパースペクティブ』(FAITH、2021)、『mē on -非在を見る-』(TOH、2022)などがある。

https://linktr.ee/Akhira_Sano

 

H.Takahashi

東京を拠点とする作曲家/建築家。UKの【Where To Now?】、USの【Not Not Fun】、ベルギーの【Dauw】や【Aguirre】、日本の【White Paddy Mountain】といったレーベルからアンビエント作品をリリース。また、TARO NOHARA(a.k.a.やけのはら)、P-RUFF、大澤悠大らとのライブユニット【UNKNOWN ME】や【Atoris】としても各国から作品を発表している。2021年11月から東京の三軒茶屋にレコードショップ【Kankyo Records】をオープン。2023年3月からはレーベルとしての活動も開始。

 

FourColor

サウンドアーティスト/コンポーザー
FilFla、FourColor、Minamo、Fonicaなどのサウンドプロジェクトで活動。

杉本の作品はニューヨークの「12k」、「apestaartje」、ドイツ「TOM LAB」、日本の「HEADZ」など国内外の音楽レーベルからリリースされ、FourColorとしての作品「watter mirror」が英『THE WIRE』誌ベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出されるなど、海外での評価も非常に高く、これまでにヨーロッパ各国をはじめアジア、オーストラリア、北米・カナダでライブパフォーマンスを行うなどグローバルな活動を続けている。

また、これまでに数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽を手掛ける中、2004年カンヌ映画祭では宮崎淳監督による「FRONTIER」が監督週間おいて「若い視点賞」、2006年フランス・エクスアンプロヴァンス映画祭ではドイツ人監督Timo Katzによる「Whirr」が「オリジナル映画音楽部門賞」を受賞するなど実績も残している。これらの受賞をきっかけに2007年フランス映画音楽作曲家協会(U.C.M.F)会員として登録される。

自身のアーティスト活動と並行して、1999年より音楽レーベル・イベントを運営する、CUBIC MUSICを設立。World’s end girlfriend、kyo ichinose、piana、No.9などの作品を国内外へリリース。12k、Hapna、TOM LABなど海外の電子音楽系レーベル/アーティストの招聘なども積極的に行っている。

 

Nick Luscombe(MSCTY Studio)

ニック・ラスカムは1987年より英国国営放送BBCでDJ、プロデューサー、エンジニアとして活動しており、BBC Radio 3の番組『レイト・ジャンクション』のDJを10年以上担当していた他、BBCワールド・サービスのレギュラー、更にXFM、TOKYO FM、CiC Live Tokyo、InterFM、NME Radio、Samurai FM、Resonance FMといったラジオ局で番組のホストをしている。
ラジオの活動のほか、ロンドンの現代芸術館(Institute of Contemporary Art, ICA)の音楽ディレクター、2006年から2010年まではApple社iTunesの欧州全域ミュージック・ストアのエディター、そして現在は英国のレコード・レーベル、NonclassicalのA&Rコンサルタント、及びGear Box Recordsのプロジェクト・コンサルタントでもある。

 

主催 : MIMINOIMI
イベント概要 : https://www.miminoimi.me/

POLARIS tokyoで、1週間連続アンビエント・ミュージック企画、「MIMINOIMI – Ambient / Week -」を開催。

 神田のライブスペース POLARIS tokyo (https://polaristokyo.com/) にて、「MIMINOIMI -Ambient Week-」を開催いたします。7日間連続でアンビエント・ミュージックのライブやワークショップ、トークなどが行われます。

 いま世界から注目されている、日本のアンビエントシーンを多角的に考察・紹介するイベントとなっており、7日間、毎日イベントが開催されますので、気になる方は是非お越しください。

Twitter : https://twitter.com/MIMINOIMI_info
Instagram : https://www.instagram.com/miminoimi.info/

<新型 コロナウイルス等感染症予防および拡散防止対策について>
  • 発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。
  • 手洗い、うがいの励行をお願いいたします。
  • お客様入場口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。

©2022 にじのほし株式会社